• HOME
  • 適当に選ぶと逆効果! 企業なら取得したいドメイン『co.jp』

適当に選ぶと逆効果! 企業なら取得したいドメイン『co.jp』

18.11.07 |

大企業だけでなく中小企業も自社ホームページを持つのが当たり前となった現在、多くの会社が独自ドメインを取得し、ホームページを運用しています。
ホームページを開設するとき、軽視されがちなのがドメインです。さまざまな種類がありますが、安価なものを適当に選んでいるなら要注意です。
企業なら『co.jp』のドメインを取得しておきましょう。
おすすめする理由と取得の際のポイントを、詳しくご紹介します。

ドメインの種類と特徴

「いざドメインを取得しようと思ったとき、あまりに種類が多くて混乱した」という経験がある方もいると思います。
しかも、ドメインによって価格が違うため、最終的に安く取得できるドメインを選べばいいと考えてしまいそうになります。
しかし、実はドメインにはそれぞれ用途が決まっているのです。

たとえば、『.net』というドメインはネット関連のサイトを、『.org』は非営利団体のサイトであることを意味します。そして『.biz』はビジネスサイト、『.com』は商用向けのサイトであることを意味するドメインです。
これらのドメインは『汎用ドメイン』と呼ばれ、いくつでも取得することができます。
一応それぞれに用途が決まっているとはいえ、区分けは厳密ではありません。
たとえば『abcde』という一つの企業が、『abcde .com』や『abcde .net』など複数のドメインを取得する例もあります。


なぜ企業は 『co.jp』を使うのか

しかし、企業の公式サイトのURLを見てみると、ほとんどの企業が『co.jp』のドメインを使っていることがわかります。
あるドメイン登録サービス会社のデータでは、上場企業の97%が『co.jp』を登録しているとも言われています。

なぜ『co.jp』ドメインは企業に人気が高いのでしょうか?
実は『co.jp』は『.jp』と並んで、日本国内にある企業しか取得できません。
さらに『co.jp』は、一つの組織で一つしか取得することができない決まりになっているうえ、取得するためには法人登記が必要です。
そのため信用度が高いドメインとして多くの企業に使用されています。

一方、やはり企業向けのドメインである『.com』はどうでしょうか。
『.com』は全世界で利用でき、日本国内に住所がなくても取得が可能で、さらに取得制限もないため、信用度は『co.jp』よりも低いといえます。
そのため、たとえば、abcde社が公式ホームページを『abcde .com』のドメインで運用していたところに、赤の他人が『abcde .co .jp』を取得してabcde社と類似のサービスを始めた場合、顧客は『abcde .co .jp』のサイトの方を公式サイトだと勘違いし、混乱や損害を生じさせられる危険もあります。
どのドメインを取得するかは自由ですが、信頼性という観点からも、企業のドメインは『co.jp』の取得をおすすめします。


ドメイン取得時に知っておきたい2つのこと

co.jp』ドメインを取得してホームページを展開する際には、以下の2つのポイントがあります。 

(1)希望のドメインは早目に取得する
先述した通り、『co.jp』ドメインは一つの組織につき一つしか取得できません。
abcde社が『co.jp』ドメインをabcdeと名乗る別の会社に先に取得されてしまったら、『abcde .net』などにドメインを変えるか、『abcdef .co .jp』などに名前を変えるかしか方法がありません。
取得したい名前が決まったら、できるだけ早くドメインを取得しましょう。

(2)法人登記前でも仮登録しておく
これまで『co.jp』のドメインを取得するためには法人登記が必要だったため、会社設立前に『co.jp』ドメインを取得したいときは、仮登記をしてドメインを押さえていました。
しかし、今は法人設立まで6カ月を切っていれば、仮登記をしていなくてもドメインを取得できるようになっています。
これを『仮登録』と呼び、会社が動き出す前に公式サイトを作成し、PRすることが可能となりました。
スムーズなスタートアップのために、ぜひ仮登録を活用しましょう。

ビジネスを展開するうえで、今や欠かすことのできないホームページ。
そこで使われるドメインを『co.jp』にしておくことは、顧客や取引先に対し、きちんとした会社であることを伝えるのに効果的です。
特に創業して間もない企業は、実績がまだない分、信頼のおけるドメインを使うことは、大きなアピールポイントになります。
ホームページをつくる際には、他のどこよりも信頼性が高いドメイン『co.jp』を使ってユーザーの安心感や信用を獲得し、成果に結びつけたいものです。

TOPへ