人材採用のためにホームページで職場の魅力をアピールしよう

人材採用が難しくなっている建設業。どうすれば良い人材が来るか、社長さんや採用担当者さんは頭を悩ませていることでしょう。

給与水準が高ければ良い人材が来る、という単純なものではありません。

そこで、ホームページに職場の魅力をアピールしてみてはいかがでしょう。
  

公開日:2017/06/09

【デメリットはきちんと伝え、メリットでカバーする】

中小建設業は採用時に給与面での折り合いをつけるのが難しいケースが目立ちます。

もちろん、給与水準は高いに越したことはありません。

しかし、中小建設業の場合、高い給与を支払うのは経営上無理なケースが多いでしょう。

給与水準が高くないと感じる企業は、給与面でのデメリットをカバーする情報を盛り込むことをおすすめします。

「当社は研修制度が充実しています」
「資格取得を応援し、できるだけ残業をさせません」
「月に1回、全社で食事会を開きます」

例えば上記のようなプライスレスなメリットをホームページに載せて、他社と差別化を図ることが大切です。

ハローワークに出す求人票の場合、給与水準と立地以外には差がつきづらくなっており、会社のアピールが難しいと思われます。

一方、ホームページならば会社の魅力を自由に掲載することが可能。どれだけ効果的にアピールできるかを考えてみましょう。

最近では、採用専用のWebサイトを設置するのが当然になってきました。

企業理念や福利厚生、現場スタッフの声などが自由に掲載されており、効果が上がっているものも散見されます。

ホームページにデメリットをきちんと伝え、メリットを効果的にアピールすれば、良い人材が門をたたくでしょう。


建設業の経営安定講座