【税務】

土地や建物等を譲渡した場合は、給与や他の所得とは区別して課税がされることとなります。
自宅を譲渡した場合の特例について、譲渡により損失が出た場合の取扱いについてみていきましょう。[続きを読む...]

公開日:2017年07月10日

土地や建物等を譲渡した場合は、給与や他の所得とは区別して課税がされることとなります。
今回通常の譲渡損益に対する課税と、自宅の譲渡の場合の特例で譲渡により利益が出た場合の取扱いについて、紹介していきます。[続きを読む...]

公開日:2017年05月18日

大規模災害対策への関心も高まり、緊急時・帰宅困難時に備え、一定期間分の全社員の水や非常食を用意している企業も多くなっています。 会社で購入した非常食について、どういった処理すればいいのでしょうか。[続きを読む...]

公開日:2017年04月27日

医療費控除の特例として2017年1月からスタートしたセルフメディケーション税制について紹介していきます[続きを読む...]

公開日:2017年04月05日

今年も所得税の確定申告の時期がやってきました。 
今回は医療費控除の対象となる交通費についてお話します。[続きを読む...]

公開日:2017年02月20日

ゴルフ=交際費のイメージが強いですが、内容によって、処理方法に違いがあり、事実関係の確認をした上で処理することになります。

今回はゴルフに関する費用について、
どのような取扱いとなっているのか確認をしていきましょう。[続きを読む...]

公開日:2016年12月26日

日本の年金制度は「三階建て」の仕組みになっています。
一階部分が日本に住むすべての人を対象とした「国民年金」、二階部分が民間企業などで働く人を対象にした「厚生年金」です。
一般的に一・二階部分を「公的年金」と称します。

そして、三階部分が「私的年金」です。
そのうち、企業年金は企業が独自に実施・運営している年金で、公的年金を補完する役割を担っています。
また、確定拠出年金は企業年金の一つとして位置付けられています。[続きを読む...]

公開日:2016年12月08日

日本国内の会社に勤めている給与所得者が、1年以上の予定で海外の支店などに転勤したり、海外の子会社に出向したりする場合があります。

その際の所得税の扱いはどうなるのでしょうか?[続きを読む...]

公開日:2016年12月06日

税務調査の確率を低くする方法があるのをご存じですか?
それも裏ワザではなく正攻法です。
それは・・・税理士による「書面添付」という方法です。

「書面添付」制度とは税理士法第33条の2に基づき、税理士が申告書に「申告書の適正性を表明する書面」、つまり、その会社のカルテのようなものを添付する制度を言います。

[続きを読む...]

公開日:2016年11月24日

災害や盗難等で、生活上の資産に損害を受けた場合には、確定申告をして所得税の軽減措置が受けられることがあります。

損害を受けた資産が、生活上通常必要とされるものかどうかによって、受けられる制度が異なります。[続きを読む...]

公開日:2016年10月25日