JSKグループ/TFS国際税理士法人 理事長 山崎 泰

JSKグループ/TFS国際税理士法人 理事長 山崎 泰

おススメ記事

外注費が給与と見なされると、多額の追徴課税が発生する!?

繁忙期と閑散期がある会社では、必要に応じて外部の企業や個人事業主に業務を委託することがあるでしょう。 何度も仕事を依頼している相手とは、長期契約を結ぶことがあるかもしれません。 その際、支払う報酬を“外注費”か“給与”か明確に区別して扱うことが重要です。 万が一、外注費として処理していたものを税務調査で給与だと指摘されると、源泉徴収漏れや消費税の過少申告などで多額の追徴課税を課されてしまう危険があります。

続きを読む

新着記事

TOPへ