TFSグループ/TFS国際税理士法人 理事長 山崎 泰

TFSグループ/TFS国際税理士法人 理事長 山崎 泰
  • HOME
  • 『聞く耳を持つことが人生を開く!』~上甲晃氏「デイリーメッセージ1万号達成」記念講演会~

『聞く耳を持つことが人生を開く!』~上甲晃氏「デイリーメッセージ1万号達成」記念講演会~

18.12.11 | 経営全般

12月初旬、東京で開かれた上甲 晃氏の
「デイリーメッセージ1万号達成」記念講演会in東京

地元・新宿にある日本調理師専門学校で
開催されました。
名物校長・上神田 梅雄氏の捧腹絶倒スピーチは、
私のブログに譲るとして、
2018年を締めくくり、2019年に向けた
自らの姿勢を考える際の大きな指針となればと思い、
上甲 晃氏の90分間にわたる、熱血講演の一部をご紹介します。

********************
「聞き届けること」の大切さを、あらためて気づかされたのは、
石川県の加賀屋でのエピソード・・・とのことでした。

冬にスイカを注文した宿泊客に対して、
普通なら、冬にスイカなどあるわけがなく
「申し訳ございません。あいにく~」
と応じても、誰もなにも不思議にすら思わないところなのでしょうが。。。

加賀屋は違うといいます。
「少しお待ちください」「探してみます」

たとえ、冬のスイカに行き当たらなかったとしても、
『あなたのために何とかしてあげたい!』という気持ちが、心の底から伝わってくる。
「お客様のご要望は、どんなことであっても、決してその場では断らない」
まずは「聞く耳を持つ」という社員教育を徹底している、老舗の加賀屋の経営姿勢。

冬にスイカがあるはずがない・・・
そんな紋切型では、確かに理屈は通っても、気持ちが通らない。
そんな応対に感動したお客様の口コミが、最大の宣伝力!だと、上甲氏は指摘されます。

人生もしかり・・・
『聞く耳を持つことが人生を開く』

部下の言うことを真剣に聞く。
そのことが、社員のやる気を引き起こす。
自分にとって耳の痛い話も、真剣に聞く。

聞くことができるかどうか・・・すべての人ができる努力。
世の中広しといえども、「言い争い」はある「聞き争い」など聞いたことはない
松下政経塾時代から、何度となく上甲氏の話を伺ってきましたが、
何度聞いても、「まさにその通り!」と気づきなおす、人生の指針となる姿勢です。

「聞く耳を持つこと」の大切さ・・・

例えば結婚当初、こんな思い出はないだろうか。
愛情と関心があるうちは、相手の目を見て、大きくうなずきながら話を聞くことができる。
今はどうだろうか。
そんな上甲氏の問いかけに、まるで心の中をえぐられたようで、
早く次の話題に移ってくれれば・・・と、逃げ隠れたいような、反省しきりの自分がいます。

松下幸之助翁は、学歴がなかったから、
何を聞いても感心して聞くことができた。
逆に、自分に自信のある人が一番危ない。

人生にできないことは何もない。
「難有」転じて「有難いこと」にしていく力を、人間はみな持っている。

松下幸之助翁曰く「景気よし」「不景気またよし」・・・ 
不景気の時にしかできないことがある。

なによりも「本当の反省」ができる最大のチャンスなのだから。 

確かに、私も40歳前後、人生のなかでもっとも辛いとき、
行く末に迷ったとき、
上甲氏からいただいた『難を人生の宝に』との手紙を、
肌身離さず、手帳に挟んで持ち歩いて、
心の支えにして乗り切った時代を思い出します。

受け入れられないうちは、まだまだ「難」のまま・・・
『ハイ!喜んで!』の姿勢が、運命を拓くひと言だ。

『運命を、ハイっ!喜んで受け入れる!』
降りかかった運命を、ハイッ、喜んで受け入れる!

まさに「言うは易し、行うは難し」だが、この想いを胸に秘めているだけで、
来年以降の生きかた、生きざまも、また大きく変わってくるように思うのです。

 小さな仕事で、大きな差をつける。
 小さな仕事でも誠心誠意尽くされると、感謝の念が湧いてくる。
 大きな仕事は、一生懸命してもらって当然。

大きな仕事のときは、時計の針など気にせずに、目の前の仕事に向き合えても、
小さな仕事と思うと、時計を見ながら、次の仕事に目が向いていないだろうか・・・

会計事務所という仕事柄、毎月の報酬と業務時間との「工数管理」を徹底し、
単位時間当たりの「業務効率管理」を全社共有しています。
時間の長短を問わず、効率のなかにも「誠心誠意尽くし切る」という姿勢を持ち続けること、
社内でも大切に共有したいと思います。


最後に上甲氏から・・・
「流行り」を追うな 『真理』を追え。
「変化」を追うな 『変わらざる』を追え。
 人間の生きる根本において『本質的なもの』を追え。
『変わらざる真理』をしっかりみて欲しい!


今年も残すところ、あとわずかとなりました。

今年、追い求めきれなかった『変わらざる真理』
皆さまそれぞれに見定める、来年に向けての『変わらざる真理』

師走の忙しさのなかにも、新年に向かうにあたり、心して考えたいものです。


   平成30年(2018年)12月
                山  崎  泰


◎ホンネで綴る『山崎 泰 “ズッこけ”デイリーブログ!』
宜しければ、こちらもどうぞご笑覧くださいませ。
http://blog.goo.ne.jp/yama-tai61

TOPへ