税理士法人西川会計

税理士法人西川会計

ダイビング旅行について

20.10.06 | 社員リレーコラム

毎年、7月下旬から8月の上旬にかけて、リフレッシュと自分へのご褒美という名目でダイビング旅行に行っています。

 今年は海外には行けないので沖縄にでも行こうと思っていましたが、新型コロナウィルスの影響で行く事が出来なかったので、昨年のダイビング旅行の事を書きます。
 昨年はゴールデンウイーク期間が長かったため、7月に加えて5月にもダイビング旅行に行って来ました。

 5月はタイのシミラン諸島(プーケットより船に乗船)をクルーズで回りながらのダイビングツアーでした。
 クルーズでのダイビングは外洋の為、潮の流れが速いポイントが多く体力勝負の過酷なものとなりました。
 ダイビング歴は長いのですが経験とスキルが低いので外洋の潮の流れに四苦八苦しながらのダイビングとなってしまい修行ダイビングのようでした。
 そして、とうとう最終日には潮に流されてしまい、グループからはぐれ、見動きが取れなくなり、遭難しそうな状況になりました。
 何とかインストラクターが迎えに来てくれて合流出来ました。
 なんと、水面に上がった時のエアー残圧は0を指していて、危機一髪な状況でした。
 もともと潮の流れの速いポイントは苦手でしたが、その時の事がトラウマになってしまっています。

 7月はタイのタオ島に行って来ました。
 毎日、船で朝の5時に出港し午前2本を潜って一旦戻り、午後2本の4本のダイビングをしました。
 タオ島の目的はジンベエザメとダイビングがしたいという事で選びました。
 ジンベエザメ遭遇率の高いポイントを毎日潜りましたが、残念ながらジンベエザメと一緒のダイビングは叶いませんでした。
 それでも魚群が凄く、多くの魚を見ることが出来ました。
 
 昨年の2回のダイビング旅行は、ジンベエザメと一緒のダイビングを目的としたダイビングでした。
 残念ながらできなかったので、いつかジンベエザメと一緒のダイビングをしたいという夢を叶えたいと思っています。
 体力が続くうちはダイビングを続けていきたい。
 今年は新型コロナウィルスの影響でダイビング旅行に行くことが出来ませんでしたが、来年は心のリフレッシュを兼ねて行ける状況になっていたら良いなと思います。

TOPへ