記事一覧

日本にはさまざまな税金があります。

なかでも、お給料をもらえるような立場になったとき、まず身近に実感するのは、源泉所得税ではないでしょうか。

源泉所得税は、個人に代わって会社が、対象となる所得税及び復興特別所得税を給与から差し引いて税務署に納めるものです。

個人の所得税とは違い、会社側が外注の個人事業主も含めて従業員全員分の源泉徴収をして集めたすべての税金になります。[続きを読む...]

公開日:2016年09月16日

広告のキャッチフレーズというものは、What to sayとHow to sayからできている、とよく言います。

What to sayとは「何を言うべきか」=「メッセージの内容」です。例えば、レストランのキャッチフレーズであれば、メッセージの内容は、「味がいい」「素材が特別だ」「料理人の腕がすごい」「安くてお得だ」「ボリュームなら自信がある」「お店の雰囲気がいい」「来ているお客さんがお洒落だ」などと、さまざまな角度から考えることができます。

そのお店がどこで勝負すれば他のお店との競争に勝って、お客さんが増えそうなのかを吟味して、このWhat to sayを決めていきます。[続きを読む...]

公開日:2016年09月16日

インターネットやスマートフォンは、人々の生活はもちろん、働き方にも多大な変化をもたらしました。

ステレオタイプな会社人間は減っています。

正社員でない働き方を選ぶ人も増えています。[続きを読む...]

公開日:2016年09月16日

10月から最低賃金が改定され、全都道府県の最低賃金が公表されています。

最低賃金ギリギリで雇用している会社も多くあるかと思いますが、国の、労働者賃上げの方向性は続いていくのではないかと推測されます。

そこで今回は、賃金テーブルを改定し、賃金の底上げを行う会社に対して支給される助成金をご紹介します。

※賃金テーブル=基本給を算出する際の基礎となる単価(時給、日給または月給)を金額ごとに整理した一覧表[続きを読む...]

公開日:2016年09月16日

労働基準法では労働時間の限度を、原則として1週40時間以内、かつ1日8時間以内としています(労働基準法第332条)。

これを超えて働いてもらうためには、時間外労働、法定休日にしてもらう休日労働については、一定の労使協定書を締結し、届け出ることになっています(労働基準法第36条)。

いわゆる「36(サブロク)協定」です。[続きを読む...]

公開日:2016年09月16日

2005年3月に開業した『創作料理&米麺居酒屋 風土木(ふうどき)』は、濃厚なスープが特徴の創作フォーが大好評。

昼は、このフォーとカレーを武器に、30席の店内で最大150人を集客。

夜は、居酒屋の定番つまみに自店の色を加えた創作料理とシメのフォーで、アルコール客の人気を掴む。[続きを読む...]

公開日:2016年09月09日

先生方は、調剤薬局の疑義照会にはどのように対応していらっしゃいますか。

内科開業医であるA先生に、地域の調剤薬局から、かかりつけの患者Bさんの処方箋について、電話で疑義照会がありました。 

Bさんは10年来、通院を続けている患者さん。特に問題になるような薬を処方しているとは考えられません。

Bさんに「薬は服用できていますか?」と確認しても、「大丈夫です」という答えが返ってくるのが常でした。なので、A先生は疑義照会をいぶかしく感じたそうです。[続きを読む...]

公開日:2016年09月09日

保険診療報酬の改定は2年に一度、4月に実施されます。

改定前後には、医療書籍を扱った書店の棚で、「傾向と対策」といった受験参考書のようなタイトルがついた書籍を多く見かけます。

歯科医院の経営にとって、診療報酬の改定は重要です。

事前に対策を練っておけばよいのですが、改定の詳細確定がぎりぎりになることもあり、なかなか対策を立てられないのが現状です。

診療報酬の増減がはっきりする改定前年の夏から秋に、やっと真剣に考え始める、という医院も少なくありません。 

また、施設基準などの経過措置期間が終了するのは改定翌年の3月末です。

そのため改定後の夏から秋にかけて、多くの医院では少しずつ焦り始めてきます。

あらためて2016年4月に実施された、診療報酬改定の内容を振り返ってみましょう。[続きを読む...]

公開日:2016年09月09日

関東郊外にあるサロンMは「地域密着より顧客の環境密着」をモットーに掲げています。

なぜ環境密着なのか。サロンMがある地域は核家族化が進み、近所付き合いが乏しくなっていることが理由に挙げられます。

よって、お客様の家族や友人など、周りの環境に寄り添っていく戦略を考えているのです。[続きを読む...]

公開日:2016年09月09日

2015年の介護保険改正は、介護報酬の引き下げや介護サービス利用料の自己負担割合増加など、介護事業者にとって厳しいものとなりました。

そして次に控える2018年改正でも、診療報酬と介護報酬のダブル改定により、ますます厳しくなっていく方針が打ち出されています。 

そのような社会情勢の中、介護事業者が少しでも事業資金を蓄えておくことは、今後の事業継続にとって必要不可欠となります。

そこで、2016年の介護業界で使える助成金を、今月と来月にわたってご紹介します。[続きを読む...]

公開日:2016年09月09日