記事一覧

労災保険では、通勤中の事故による負傷、疾病、障害、死亡について、通勤災害として労災補償の対象としています。

平成29年1月1日に施行された改正育児・介護休業法により、通勤災害の範囲の一部が見直されました。[続きを読む...]

公開日:2017年03月08日

昨年10月、生産性を向上させた企業に助成額や助成率を割り増しする措置が発表になったという記事を掲載しました。

今回は、その際に増額される予定の助成金として取り上げた助成金の中のひとつ「業務改善助成金」のご紹介です。 

以前よりも助成の上限額、対象用途が拡大されたことにより、より取り組みやすくなっています。[続きを読む...]

公開日:2017年03月08日

経理で気を付けなければならないのは、消費税の扱いです。 

消費税の課税事業者となった場合、預かった消費税と支払った消費税を記帳する必要があります。 

この記帳の方法には、「税抜経理」と「税込経理」の2通りあります。どちらが得なのでしょう?[続きを読む...]

公開日:2017年03月08日

これまで、実務をこなしながら部下や後輩の指導に力を発揮するプレイング・マネージャーの重要性を指摘してきました。

プレイング・マネージャーは、営業やITなど突出したスキルを持っていることが多いです。しかし、それだけでは不十分です。 

理想的なプレイング・マネージャーになるには、他にどのような能力が必要なのでしょう?[続きを読む...]

公開日:2017年03月08日

「コンセプト」とは、広告ビジネスになくてはならないもので、その広告で「何をどう伝えるか」の核心をなす考え方のことだと、前回ご紹介しました。 

コンセプトは言い方を変えると、いわば「大方針」のようなもので、広告以外にも、いろいろと役に立つ考え方です。[続きを読む...]

公開日:2017年03月08日

患者さんにとって、普段からお世話になっている、かかりつけ医の存在は心強いものです。

特に原因不明の症状に対しては、底力を発揮します。 

今回は、かかりつけ医のアドバイスのおかげで失明を防げた事例を紹介します。[続きを読む...]

公開日:2017年03月02日

ヘアサロンが今後生き残っていくためには、生産性を上げることが不可欠です。 
では、いかにして生産性を向上させればいいのか。 

関東の都市部にあるサロンKは、現在10名中6名をアシスタントが占めます。 
どのようにして生産性を上げているのか。代表のTさんに話をうかがいました。[続きを読む...]

公開日:2017年03月02日

自由診療は、患者さん個人の状態に合わせたきめ細かい治療を、納得がいくまで受けられるというメリットがあります。 
クリニックにとっても、自由診療は料金を任意に設定できるので、利益が上がりやすく、料金に見合った医療技術を提供できるのが利点です。 

「自由診療のメリットを患者さんに説明しても、あまり聞いてもらえない」 
このようなため息をつく先生は少なくありません。 

それはなぜか。患者さんに医療に関する知識がないからです。 
医師がいくら熱心に説明しても、その価値を理解できず、うんざりしてしまうケースが珍しくありません。 
そこで推奨したいのが、治療メニューを「見える化」することです。[続きを読む...]

公開日:2017年03月02日

乳幼児連れの母親から大いに支持を受け、連日行列が絶えない『100本のスプーンFUTAKOTAMAGAWA』。

質の高い料理と子供向けサービスで、これまでのファミリーレストランの常識を覆す店づくりがお客の心を掴み、98席が1日8~10回転する大繁盛店となっている。[続きを読む...]

公開日:2017年03月02日

人手不足に悩まされている介護業界ですが、特に小規模施設の夜勤は過酷な状況に陥っています。 

介護施設の夜勤は「ワンオペ(ワンオペレーション)」と呼ばれる1人体制の勤務が常態化しており、「グループホーム」や「小規模多機能型居宅介護」等の施設では、夜の時間帯はたった1人で高齢者たちをケアしなければならないという状況は珍しくありません。 [続きを読む...]

公開日:2017年03月02日