税理士法人西川会計

税理士法人西川会計

達者なご隠居

20.11.16 | 社員リレーコラム

筆者はこの記事の執筆時点で満56歳になっています。

2019年の平均寿命は女性が87.45歳、男性は81.41歳でともに過去最高だということです。
過去最高というと人間という個体の生存可能年齢が上がっているような錯覚を覚えますがあくまでもこれは平均寿命です。
数少ないとはいえ昔から100歳近く生きる人もいたでしょうし、現代においては出産や幼少期に亡くなることは昔に比べて随分と減ったはずです。
今も昔も150歳とか200歳を迎えた人は知られていません。
おそらく平均寿命がもっと上がったとしても絶対的な寿命は頭打ちになるでしょう。
もっとも、科学の発展とともに体のパーツを更新できるようになるとまた違った未来があるかもしれませんが、少なくとも自然体の人間の寿命は劇的に伸びることはないのではないでしょうか。

一方で健康寿命はどうでしょう?
健康寿命は日常生活が制限されることなく健康に生活できる期間だそうです。
少し古いデータですが2016年では女性が74.79歳、男性が72.14歳だったようです。
2019年の平均寿命と直接比べられませんがおおむね女性で12歳、男性で9歳ほどの開きがあるようです。
私自身は長生きできても健康に生活できず、家族や周りの方に頼らざるを得ない状況は極力避けたいと思います。

数字上の話から離れますが既述のように筆者は現在56歳です。
56歳とは一般にはどのような年齢なのでしょうか。

職場では55歳で役職定年となり、年下の上司からは爺様扱いされますが冷静に考えると当然のように思います。
昔でいえばとっくに初老は過ぎて今の感覚でもシニアの真っ盛りであることは間違いありません。
しかしながら平均寿命を考えるとあと25年も生きてしまいます。
実に四半世紀もあるのです。健康寿命を考えてもまだ16年あります。
悠々自適に過ごすほど余裕はありませんし、しょぼくりかえってちんまり生き延びるには長すぎます。

時おり同級生に合うと2つのパターンがあります。
1つは職場でもピークを迎え、子供も手が離れぼちぼち人生をしまいにかかっている人。
もう1つは職場でピークを迎え、子供も手が離れたのを幸いに新しいことに取り組んでいる人。
どちらが正解ということはないと思いますが、どちらかといえば私自身は後者に当たります。
年甲斐もなくとか言われてもまったく気にしません。
まだまだ、と書くとすっかり年より臭いですが、良くも悪くもまだまだ先が残っているのが50代。
しまいにかかっている場合ではありません。
疲れたのなどと言っていたら諸先輩方にお叱りを受ける、そんな年代なのかもしれません。

最後に余談ですが私が年齢的に追い越してきてしまったヒーローたちの年齢を振り返ってみたいと思います。

最初に気づいたのはルパン三世。
年齢不詳ですが原作では26歳設定、映画では30代なかばらしいです。
いずれにせよ気づいた時には彼は年下でした。

次に追い越したのはバカボンのパパです。
主題歌で41歳の春…というフレーズがあるので41歳になったときに、ああバカボンのパパの年だ…と思いました。

OO7ことジェームズボンド。
こちらも年齢不詳ですが設定上は30代半ばらしいです。
演じた俳優の年齢を考えるとピアスブロスナンは年上でしたが、ダニエル・クレイグに代替わりしてある日突然ボンドが年下になってしましました。これが一番衝撃的でした。

最近では磯野波平さん。
いわずと知れたサザエさんのお父さんです。 彼は54歳。
昭和初期のイメージでしょうか。今でも年上に思えます。

現在、年上のヒーローとして現役活躍中なのがイーサンハントです。
劇中のハントの年齢は不明ですが演ずるトム・クルーズが58歳、2つ上です。
ミッションインポッシブルが続く限り年上のヒーローがいると思うと心強いです。
しかしながらアクション映画ということからもイーサンが引退する日も近いでしょう。

そして最後の希望が水戸黄門です。
隠居してから諸国を漫遊、劇中では63歳から73歳まで全国行脚したそうです。
まさに健康寿命の代表格です。
できるものなら74歳までは健康寿命を維持して水戸黄門を年下にみる日を楽しみにしたいと思います。

皆様もお体に気をつけて健やかに長生きなさってください。

TOPへ