TFSコンサルティンググループ/TFS国際税理士法人 理事長 山崎 泰

TFSコンサルティンググループ/TFS国際税理士法人 理事長 山崎 泰
  • HOME
  • 経営全般
  • 『新型コロナ』『インフルエンザ』『熱中症』『交通事故』・・・

『新型コロナ』『インフルエンザ』『熱中症』『交通事故』・・・

20.09.14 | 経営全般

■『新型コロナウイルスへの経済対策』が、大きな議論に

与野党ともに、新たに政党トップが選出されて、
まさに新しいフェーズ(局面)に入ったような感があります。

総裁・代表が選ばれる過程でも、様々な政策論争が行われましたが・・・
喫緊の課題である『新型コロナウイルスへの経済対策』が、
やはり議論の大きな中心だったように思います。

自民党の菅義偉・新総裁も、日本記者クラブでの公開討論会などで、
「新型コロナウイルスへの経済対策として、中小企業や国民への追加給付について、
必要であれば、しっかりと対応したい」
と発言されていました。

続きは「続きを読む」↓↓↓をクリック

与野党ともに、新たに政党トップが選出されて、
まさに新しいフェーズ(局面)に入ったような感があります。

トップが選ばれる過程でも、様々な政策論争がなされましたが・・・
喫緊の課題である『新型コロナウイルスへの経済対策』が、
やはり議論の大きな中心だったようにも思います。

自民党の菅義偉・新総裁も、日本記者クラブでの公開討論会などで、
「新型コロナウイルスへの経済対策として、
中小企業や国民への追加給付について、

必要であれば、しっかりと対応したい」と発言されていました。

かたや、国からの緊急事態宣言を受け、
東京都や大阪府など、地方自治体からも時短営業要請を受け、
本当に苦しいながらも、感染拡大防止という社会の公益のために、
自らの営業機会すら、じっと我慢し、しっかりと守り続けてきた・・・

とくに飲食店舗などを多店舗展開する
そんな、心ある多くの顧問先に接するたび・・・

会計チームとしても、危機を少しでも脱する策を練り、
少しでも役に立ってみせる!との思いを、日々新たにします。

とりわけ東京都では、時短営業要請が長く続いたことからも、
今でも、本当に厳しい情勢が続いています。

前年比「4割」「5割」の店舗は当たり前・・・
前年比「7割」の店舗があれば、それこそ表彰モノ・・・
なかには、居酒屋などが並ぶ飲食フロアそのものが、
前年比「2割」台から脱せないという・・・こんな悲痛な声まで。

先月、橋下徹氏が、テレビ討論番組で、
新型コロナウイルス対策に対する、政府の考え方、取り組み方に関して
番組参加者・視聴者に問いかけていた「問題提起」

その時、ふと思い浮かんだのが
『Zero Defects(ゼロディフェクツ)』という、
経営学で取り上げられる、経営戦略・・・

続きは、どうぞこちらからご覧くださいませ
↓↓↓↓↓↓↓↓
http://mi-g.jp/mig/trigger-article/detail/id/1264?office=7iWLeQw%2FZBk%3D

また9月18日から、日本とのビジネス往来が再開するシンガポール
日本政府が、ビジネス活動を許可する「ビジネストラック」を出すのは
シンガポールが初めてです。
まさに、両国間の深いビジネス関係の証です!
そのシンガポールから、現地在住FP・花輪陽子氏が、
ビジネスレポートを寄稿していただいています。


併せて、どうぞご一読くださいませ
↓↓↓↓↓↓↓↓
http://mi-g.jp/mig/trigger-article/detail/id/1256?office=7iWLeQw%2FZBk%3D


2020年9月15日  山 崎   泰


TFSコンサルティンググループ x アメリカン・エキスプレス社【提携】
★アメックス「ビジネス・カード」好評につき【特典】を再掲します★

① ”経費の決済”を1つのカードに集約。
   公私経費を峻別し、確定申告や決算を正確に。
② 社長や従業員の経費精算の負担を大幅に削減
③ 商品仕入れなどにカードを利用して、経費の支払いを遅らせることで、
  資金繰りが楽になる。
「経営者保証のない」資金調達にも、公私経費を峻別できる
  ビジネスカードが有用。

より詳しいご紹介はこちら↓↓↓
http://mi-g.jp/mig/trigger-article/detail/id/1029?office=7iWLeQw%2FZBk%3D


【『家賃支援給付金』お気軽にご相談ください!】

『持続化給付金』の申請と比べて、
『家賃支援給付金』の申請には、必要書類が多く、
賃貸借契約書などの確認に手間取るケースなども
かなりあるようです。
ご不明の点などがございましたら、
お気軽にお問い合わせくださいませ。

詳細はこちら↓↓
http://mi-g.jp/mig/trigger-article/detail/id/1174?office=7iWLeQw%2FZBk%3D

★2020年5月~12月において、
   下記のいずれかに該当する場合が支給対象
です。
1、いずれか1ヶ月の売上高が、前年同月比で50%以上減少
2、連続する3カ月の売上高が、前年同月比で30%以上減少

★いずれかの要件に該当する場合には、
 申請時の直近支払い家賃の6ヶ月分が 、一括支給されます。
1、月額支払家賃が75万円までの部分⇒2/3支給
2、75万円を超える部分⇒1/3支給
される予定です。
(上限は、1店舗のみの場合は、法人50万円/月、個人事業主25万円/月
            複数店舗の場合には、法人100万円/月、個人事業主50万円/月)

★主な申請書類としては
1、賃貸借契約書等
2、直近3カ月分賃料支払い実績を証明する書類(銀行通帳・振込明細等)
3、売上減少を証明する書類(確定申告書・売上台帳等)

『家賃支援給付金』の申請方法は、原則としてオンライン申請ですが、
『持続化給付金』とのダブル支給も可能となっています。
また、「申請サポート会場」において、電子申請を行うことが困難な方の
サポートも行われています。
詳しくは⇒⇒ http://mi-g.jp/mig/trigger-article/detail/id/1174?office=7iWLeQw%2FZBk%3D


★【経営者必見!一目確認用】『資金繰り支援』一覧表★


コロナ感染症対策に関連する主な『資金繰り支援』対策に関して、
【経営者必見!一目確認用】『資金繰り支援』一覧表という形での
保存版】を掲載いたしております。

売上減少にも備えて、目を通して確認しておいていただきたい・・・
との趣旨です。コロナ対策資金が必要な折には、お役立てくださいませ。


(図をクリックすると拡大します)

① 日本政策金融公庫等による『新型コロナウイルス感染症特別貸付』
 【政府系金融機関・日本政策金融公庫による融資】

 http://mi-g.jp/mig/trigger-article/detail/id/1188?office=7iWLeQw%2FZBk%3D

② 商工組合中央金庫による『危機対応融資』
 【政府系金融機関・商工中金による融資】

 http://mi-g.jp/mig/trigger-article/detail/id/1190?office=7iWLeQw%2FZBk%3D

③ セーフティネット4号・5号認定を受けた感染症対応貸付
 【民間金融機関・各都道府県信用保証協会による保証付融資】

 http://mi-g.jp/mig/trigger-article/detail/id/1189?office=7iWLeQw%2FZBk%3D

④ 持続化給付金
 http://mi-g.jp/mig/trigger-article/detail/id/1191?office=7iWLeQw%2FZBk%3D


【売上減少幅に応じた中小企業支援施策一覧です!どうぞお手元に】
「これ一枚あれば、申請や受給資格を簡単に確認できる」と好評です。
どうぞお手元に保存・保管して、お役立てくださいませ。

(図をクリックすると拡大します)


【当社HP『新型コロナウィルス感染症対策情報』ご覧ください!】

当社HPにて、「新型コロナウイルス感染症対策情報」
を、国・都道府県・市町村・金融機関等の別に、
わかりやすく掲載しています。
『雇用の維持』『資金繰り支援』『税制面での支援』
等々、 各種支援策等に関する広範な情報を、
アップデートしています。
是非ともご一覧いただき、お役立てくださいませ!
https://www.tfsnavi.jp/tkc-corona


★TFSコンサルティンググループ『通年採用サイト』アップしました!★
https://tfs-kokusai.jp/

働き方
(オフィス出社/在宅ワーク)
働くオフィス(四谷/神楽坂/横浜)
働く時間(午前8時~午前11時の時差出勤制)
など、多様な働き方を選んで
「リモート在宅業務」「リモート巡回監査」「ワークライフバランス休暇」等々
新しい時代、新しい働き方で、一緒に歩んで
いただける方を、「通年採用」にて
募集いたしております。

会計・経理・財務・経営計画策定等にご関心の方がいらっしゃいましたら、
ご一覧だけでもいただけましたら、誠に幸いでございます。

TFSコンサルティンググループ 通年採用サイト
https://tfs-kokusai.jp/


**************************************

■ 『新型コロナウイルスへの経済対策』が、大きな議論に

与野党ともに、新たに政党トップが選出されて、
まさに新しいフェーズ(局面)に入ったような感が
あります。

総裁・代表が選ばれる過程でも、様々な政策論争が行われましたが・・
喫緊の課題である『新型コロナウイルスへの経済対策』が、
やはり議論の大きな中心だったように思います。

自民党の菅義偉・新総裁も、日本記者クラブでの公開討論会などで、
「新型コロナウイルスへの経済対策として、中小企業や国民への追加給付について、
必要であれば、しっかりと対応したい」と発言されていました。


■ 国や自治体からの営業自粛要請にも、じっと耐え続け・・・

かたや、国からの緊急事態宣言を受け、
東京都や大阪府など、地方自治体からも時短営業要請を受け、
本当に苦しいながらも、感染拡大防止という社会の公益のために、
自らの営業機会すら、じっと我慢し、しっかりと守り続けてきた・・・

とくに飲食店舗などを多店舗展開する
そんな、心ある多くの顧問先に接するたび・・・

会計チームとしても、危機を少しでも脱する策を練り、
少しでも役に立ってみせるとの思いを、日々新たにします!
 
とりわけ東京都では、営業時間短縮の自粛要請も長く続いたことから、
今でも、本当に厳しい情勢が続いています。

前年比「4割」「5割」の店舗は当たり前・・・
前年比「7割」の店舗があれば、それこそ表彰モノ・・・

なかには、居酒屋などが並ぶ飲食フロアそのものが、
前年比「2割」台から脱せないという・・・こんな悲痛な声まで。


■ 橋下徹氏の「問題提起」に思い浮かんだ・・・『Zero Defects(ゼロディフェクツ)』
 
先月、橋下徹氏が、テレビ討論番組で、
新型コロナウイルス対策に対する、政府の考え方、取り組み方に関して
番組参加者・視聴者に問いかけていた「問題提起」・・・

その時、ふと思い浮かんだのが
『Zero Defects(ゼロディフェクツ)』という、経営学で取り上げられる、経営戦略です!

読んで字のごとく・・・
欠点・欠陥をゼロにしよう!という運動。
 
欠点・欠陥ゼロにすることによって、顧客ひいては社会からの信頼を得て、
より市場拡大につなげていこうという、経営戦略上、使われる手法です!
 
1960年代、米国航空会社がミサイル製造現場に号令を出し、
徹底した作業改善運動を展開したことに端を発して・・・

数年後には、日本にも伝わってきた考え方と言われています。
ただし、ゼロディフェクツ運動は、かなりハードルが高く、
現実的には、すぐに取り入れた企業は稀とも。。。


■ 橋下徹氏の「問題提起」とは??
 
その橋下徹氏の「問題提起」とは・・・こんな要旨でした。

確かに、病気でもウイルスでも熱中症でも、交通事故でも災害でも、
国として、国民として、ひとりの死亡者を出したくない気持ちに、変わりはない。

しかし、ひとりの交通事故死亡者も出さなくするためには
この社会から、自動車というモノを失くしてしまわなければならないかも・・・

しかし、ひとりの熱中症による死亡者も出さないためには
エアコンのない全世帯に、税金を使ってでも設置しなければならないかも・・・

だから、病気でも事故でも、残念ながら一定数の死者が出てしまうことを、
この社会は、ある程度織り込みながら、成り立っているはず・・・

社会的に許容されうる範囲も見据えながら、
政府としては、大事な税金をつかって、いかに安全・安心な社会を確保していくかという
「税金の支出」と「効果的な政策」のバランスを取っているはず!!
 
 
■ 橋下徹氏の問題提起に思い浮かんだ・・・『Zero Defects(ゼロディフェクツ)』戦略
 
橋下徹氏が言いたかったのは、政策と予算支出とのバランスです。

もちろん、国難とも言える「新型コロナウイルス対策」は、
喫緊の課題でもあり、徹底した対策が必要!

しかし、「未知との遭遇」のような、あまりにも感染拡大を恐れるあまり
東京や大阪などの中小零細飲食店にも、長期に多大なる営業自粛を強いている現実。

本来なら、一定の許容範囲を受忍する社会を超えて、
あまりにも、政策が偏り過ぎていないか・・・
あまりにも、予算が偏り過ぎていないか・・・
果たして、すべて税金で賄いきれるのだろうか・・・
橋下徹氏の発言を、私なりに、
こんな「問題提起」と受け止めた次第です。


■ 橋下徹氏の問題提起に思い浮かんだ・・・『Zero Defects(ゼロディフェクツ)』戦略

ちなみに、それぞれの死亡者数を調べてみると・・・
 
熱中症による死亡者数・・・・・・・年間1,581人(2018年)
交通事故による死亡者数・・・・・・年間3,215人(2019年)
インフルエンザによる死亡者数・・・年間3,325人(2018年)

新型コロナウイルスによる死亡者数・・・1,442人(2020年9月13日現在)

この数字だけを取り上げて、
だから、どう・・・というつもりは、毛頭ありません。

しかし、限られた国家予算の中で、赤字国債も増え、
次の世代へのツケも、どんどん増えていくような
負債先送りのような財政状況になりつつあるなかで、
「税金の支出」と「効果的な政策」のバランスに関して、
世論を怖がらずに、勇気をもって、堂々と正面から政策を論ずる政治家・官僚がいて欲しい!

一時期、首長連合時代の橋下徹氏とともに歩んだ経験も持つだけに
私が言うと、バイアスがかかって見られてしまいそうですが・・・

将来に大きなツケを回しかねない、昨今の予算付けだけに、
与野党ともに、新しいフェーズに入った国会では
こんな正面からの議論も、是非ともしてもらいたいです!!


   2020年9月15日
              山  崎  泰

TOPへ